たのしみごと

日々のちょっとした出来事を書いてみました

Part 2 満開のチューリップを観に行ってきました

 チューリップ球根生産が日本有数の胎内市

 満開のチューリップを観に訪れた「長池憩いの森公園」散歩の続きです。

 

 「菜の花迷路」をヘロヘロになりながら、ようやく脱出し、広大な敷地に咲く、

 チューリップを観ながら歩きます。

 

 一面、真っ赤に咲くチューリップは目がいたくなるほどの存在感・・・。

 

 よく見ると、同じ赤色のチューリップでも、花の形が違っていました。

 

 一面、オレンジ色も負けてはいません。

 

 強い色のチューリップを観た後に、やさしい色合いのチューリップを観ると、

 ほっとします・・・。

 

 この後、「チューリップ品種展示圃場」に行ってみました。

 この圃場には、国内外の品種から、約750品種を展示してあります。

 全て、千葉県在住の芳垣航輔が、個人で所有するコレクションから、提供管理

 しているものとのこと。2018年から、新潟県胎内市で、地元生産者の協力もと、

 「チューリップ品種保存計画」を開始し、現在までに1200種以上のチューリップ

 を収集・栽培しているのだとのこと。

 

 

 あまりの多さに、ワクワクが止まりません。

 750種も写真を載せるわけにはいかないので、気に入ったものをチョイスしてみま

 した。(それでも多くてすみません・・・)

 

 名前のラベルはありましたが、多すぎて、撮り切れなかったので、載せません。

 

 シックなチューリップ

 

 かわいらしいチューリップ

 

 花びらがフリフリのチューリップ

 

 花びらがとげとげのチューリップ

 

 はなびらが細身のチューリップ

 

 ほんとに色々なチューリップがあって楽しかったです。

 

 チューリップの本場オランダでは、毎年数百種の品種が生まれ、数年で市場から

 消えたり、人気品種でも流行や環境変化で、後継品種に替わっていく運命の品種

 を保存・栽培していくのが「品種保存」とのこと。

 いつまでも、この美しい花たちが、残っていってほしいなと思いました。

 

 

 最後は、花の図鑑の様になってしまい、枚数も多くなってしまいましたが、最後

 までお付き合いいただきましてありがとうございました。

 長池憩いの森公園の満開のチューリップは終了です。