たのしみごと

日々のちょっとした出来事を書いてみました

Part 1 新潟県立植物園(外散歩)に行ってきました

 暑い日の15時頃、家にじっとしているのもつまらないので、お散歩に出かけました。 

 

 今日はたびたび訪れる、新潟県立植物園に行ってきました。今回は植物園に入るの

 ではなく、園地をお散歩してきました。

 

f:id:y3575t3545:20210923123724j:plain

 

 目の前には植物園の入り口がありますが、今日はそちらには向かいません。

 

f:id:y3575t3545:20210923123736j:plain

 

 門を入ると右手に小高い丘があり、色々な花が咲いているので、そちらに進みます。

 

f:id:y3575t3545:20210923123949j:plain

f:id:y3575t3545:20210923123955j:plain

f:id:y3575t3545:20210923123959j:plain

f:id:y3575t3545:20210923124002j:plain

f:id:y3575t3545:20210923124005j:plain

 

 道は整備されているので、気兼ねなく歩くことが出来ます。

 

f:id:y3575t3545:20210923124102j:plain

 

 花や木々を見ながら歩きます。

 

f:id:y3575t3545:20210923124237j:plain

f:id:y3575t3545:20210923124239j:plain

f:id:y3575t3545:20210923124242j:plain

f:id:y3575t3545:20210923124245j:plain

 

 15時を回っていますが、まだまだ暑い。でも今日は太陽がじりじりと照りつけて

 いないので、比較的歩きやすいです。

 

f:id:y3575t3545:20210923124549j:plain

 

 丘の上を歩いていたら、草刈りをしていたので、丘の下の道を歩くことにしました。

 

f:id:y3575t3545:20210923124818j:plain

 

 すぐ目に入ってきたのは、ダリアの花。

 

f:id:y3575t3545:20210923124852j:plain

f:id:y3575t3545:20210923124857j:plain

f:id:y3575t3545:20210923124936j:plain

f:id:y3575t3545:20210923124945j:plain

f:id:y3575t3545:20210923125119j:plain


 華やかで、大きなダリアです。

 それぞれに名前があるようですが、覚えられませんでした。

 

 左手には植物園と温室が見えます。池も見えます。

 

f:id:y3575t3545:20210923125333j:plain

 

 池の方に下りてみましょう。道からは、なだらかなのですが、結構坂を下りていく

 感じです。

 

f:id:y3575t3545:20210923125525j:plain

 

 広々して気持ちが良いです。お散歩にもピクニックにもよさそうです。

 

f:id:y3575t3545:20210923125614j:plain

 

 池のほとりまで降りてきました。草が生い茂っています。

 

f:id:y3575t3545:20210923125709j:plain

f:id:y3575t3545:20210923125803j:plain

 

 奥の方に建物が見えます。水車小屋のようですが、今は使っていないのかな?

 緑の中に溶け込むように立っていて素敵です。

 

 

f:id:y3575t3545:20210923125844j:plain

 

 水車小屋の脇の木道を通り、坂を上って、道に戻ります。

 

f:id:y3575t3545:20210923130259j:plain

 

 道の脇にトチノキを見つけました。

 トチノキを見ると、「くま」と「とち餅」を連想するのは私だけでしょうか?

 

f:id:y3575t3545:20210923163354j:plain

 

 レンガに囲まれた場所に来ました。ハーブがたくさん植えてある場所ですが、

 まわりの草も負けていません。草じゃないのかな?

 

f:id:y3575t3545:20210923163543j:plain

 

 狭いながらも色々なハーブが植えてあります。

 

 セージ

f:id:y3575t3545:20210923163635j:plain

 

 ローズマリー

f:id:y3575t3545:20210923163902j:plain

 

 ハッカ

f:id:y3575t3545:20210923164024j:plain

 

 ベルガモット

f:id:y3575t3545:20210923164054j:plain

 

 オレガノ

f:id:y3575t3545:20210923164159j:plain

 

 カレープラント

f:id:y3575t3545:20210923164242j:plain

 

 レモンバーム

f:id:y3575t3545:20210923164327j:plain

 

 コモンタイム

f:id:y3575t3545:20210923164400j:plain

 

 メドセージ

f:id:y3575t3545:20210923164455j:plain

 

 ラムズイヤーズ

f:id:y3575t3545:20210923164603j:plain

 

 まだまだいろいろ植えてあります。

 家の庭で育てるのに参考になります。

 

 ざっと見て、次に進みます。

 長くなってしまったので、次回に続きます。

カーブドッチに行ってきました

 カーブドッチは、海岸沿い(日本海)の角田浜にあるワイナリーです。

 醸造所だけでなく、広大な敷地には、ブドウ畑、レストラン、売店、宿泊施設などが

 あります。

 

 久しぶりに、ブドウ畑や花々を観に行ってきました。

 

f:id:y3575t3545:20210919212754j:plain

 

 カーブドッチは5~6月頃になると、バラがきれいに咲きます。

 今回は、バラの季節ではありませんでしたが、何か花が咲いているかなと思って

 訪ねてみました。

 

 入口の花壇に少し花が咲いていました。時期が良いと、ここも色々な花で華やか

 なのですが、少し時期が悪そうです。

 

f:id:y3575t3545:20210919213106j:plain

f:id:y3575t3545:20210919213115j:plain

f:id:y3575t3545:20210919213120j:plain

 

 入口から脇の道を通って行くと、広い庭があります。その庭を取り囲むように

 色々な建物が建っています。

 

f:id:y3575t3545:20210919214118j:plain

 

 ワインショップ(裏手)

f:id:y3575t3545:20210919213318j:plain

 

 レストラン トラヴィーニュ

f:id:y3575t3545:20210919213325j:plain

 

 カーブドッチホール

f:id:y3575t3545:20210919221035j:plain

 

 数年前に来た時は、庭がもっと広く、花がもっとたくさん植えてあったのですが、

 ブドウ畑を広げたようで、庭は狭くなっていました。

 

 振り返ると、ブドウ畑が広がっています。

 

f:id:y3575t3545:20210919215932j:plain

f:id:y3575t3545:20210919220034j:plain

 

 ブドウが沢山実っています。ブドウの品種はよくわかりませんが、白ワイン用の

 ブドウでしょうか?写真は撮っていませんが、入口の方には黒いブドウ畑もあり

 ました。

 

f:id:y3575t3545:20210919220159j:plain

 

 庭をつぶして植えられたブドウ畑は、ブドウの木々の間を歩くことが出来るので、

 手で触れるほど近くで、ブドウを見ることが出来ます。

 

f:id:y3575t3545:20210919220427j:plain

f:id:y3575t3545:20210919220507j:plain

 

 このままでも、おいしそうです。

 

 この場所にワイナリーが出来たのは、海岸からわずか1.5㎞に位置する場所で、

 昼は海から、夜は陸から風が吹き、ブドウ栽培に大敵となる湿度を下げてくれ

 ます。また梅雨が短く、ブドウの成熟期に降雨が非常に少ない年が多いので、

 ここが選ばれたようです。

 

 庭には自動芝刈り機が動いており、かわいらしいです。便利になりましたねー。

 

f:id:y3575t3545:20210919220814j:plain

 

 ワイン醸造所の脇を通り、カーブドッチホールの方に行ってみます。

 

f:id:y3575t3545:20210919222444j:plain

 

 カーブドッチホール

 ここでは、結婚式やイベントなどができます。

f:id:y3575t3545:20210919223219j:plain



 醸造

 見学もできるようですが、中を見たことはありません。

f:id:y3575t3545:20210919223412j:plain

 

 醸造所の脇にはこんなものも置いてあります。

 

f:id:y3575t3545:20210919223445j:plain

 

 昔のブドウの絞り機でしょうか?

 

 道を挟んで宿泊・日帰り入浴施設のヴェネスパが見えます。

f:id:y3575t3545:20210919223757j:plain

 

 戻って違う場所も見てみます。

 アーチをくぐって、レストランやベーカリーの方へ行ってみました。

 

 

f:id:y3575t3545:20210920220507j:plain

 

 中庭には、イスも置いてあり、外でのんびりと過ごすこともできそうです。

 いつもは、買ったパンやジェラードをここで食べている人が多いのですが、誰も

 いませんでした。

 

f:id:y3575t3545:20210920220857j:plain

f:id:y3575t3545:20210920220908j:plain

 

 前に来た時は、ここに噴水があったような気がしますが、すっかり変わって

 いました。バラの時期になると、ここもバラの花が咲き乱れてとても素敵

 だったのですが・・・。

 

 

 レストラン トラヴィーニュ

 このレストランのブイヤベースは絶品だったのですが、最近来ていなかったので、

 まだメニューに載っているでしょうか?

f:id:y3575t3545:20210920221426j:plain

f:id:y3575t3545:20210920221827j:plain

 

 外でも食事が出来るようですが、誰も利用していませんでした。

 

 コテアコテ

 ベーカリーとジェラードがおいしい店です。 

f:id:y3575t3545:20210920222733j:plain

f:id:y3575t3545:20210920222921j:plain

 

 時間が遅かったためか、ほとんどパンはなくなっていました。

 

 まき小屋にも行ってみます。まき小屋にはおいしいウインナーやベーコンなどを

 売っていますし、食事も出来ます。

 

f:id:y3575t3545:20210920223115j:plain

f:id:y3575t3545:20210920223120j:plain

 

 まき小屋の庭には色々な花が植えてあります。

 

f:id:y3575t3545:20210920223237j:plain

f:id:y3575t3545:20210920223243j:plain

f:id:y3575t3545:20210920223246j:plain

f:id:y3575t3545:20210920223248j:plain

f:id:y3575t3545:20210920223258j:plain

f:id:y3575t3545:20210920223303j:plain

 

 ウインナー買って帰ろうかな?と思って行ったのですが、4時にしまってしまい

 ました。残念です。もっと早く来ればよかったです。

 

 カーブドッチのワインはおいしいので、ワインを買って帰ろうと思います。

 

 ワインショップ

f:id:y3575t3545:20210920223710j:plain


 さすがに中は撮影しにくかったので、写真はありませんが、カーブドッチのブドウ

 だけを使った赤ワインを1本購入しました。

 

 よくいただくワインは3000円後半のものだったのですが、見つけられなかった

 ので、少し高めの赤ワインを購入しました。

 

 ワインも購入できたので、帰りましょう。

 ウインナーも買いたかったなー。残念。

 今回は3時頃に来たので、遅すぎました。次回は、もっと早く来ることにします。

 

 家に帰って、購入したワインを一応撮影しておきました。

 

f:id:y3575t3545:20210920224254j:plain

f:id:y3575t3545:20210920224334j:plain

f:id:y3575t3545:20210920224337j:plain

 

 何かのイベントの時に飲もうと思います。

 長くなりました。カーブドッチのお散歩は終了です。

Part 3 大潟水と森公園に行ってきました

 大潟水と森公園の続きです。

 

 「歴史ゾーン」の散策終了して、つぎに向かいます。

 

 池の脇の道を通ってみました。

 

f:id:y3575t3545:20210915181958j:plain

 

 道は狭いのですが、左手には、池が見えて、歩いていても気持ちが良いです。

 

f:id:y3575t3545:20210915182124j:plain

f:id:y3575t3545:20210915182137j:plain

 

 水辺には色々な草木が生えています。草木も涼しそうです。

 

f:id:y3575t3545:20210915182558j:plain

f:id:y3575t3545:20210915182602j:plain

f:id:y3575t3545:20210915182610j:plain

 

 木と水と影が絵のように見えて素敵です。

 

f:id:y3575t3545:20210915182723j:plain

f:id:y3575t3545:20210915182731j:plain

 

 トイレのある場所まで戻ってきました。あとはひたすら来た道を戻ります。

 

f:id:y3575t3545:20210915182949j:plain

f:id:y3575t3545:20210915182955j:plain

 

 道を歩いていると、ミンミンゼミとツクツクボウシの合唱がすごいです。

 Part2の時より、ミンミンゼミがクリアに撮れました。きれいなセミです。

 

f:id:y3575t3545:20210915183153j:plain

 

 「お休み広場ゾーン」を左手に見ながら、「自然体験楽校ゾーン」に向かいます。

    なぜ、楽校なのかな?学校じゃないのかな?なんて考えながら歩いて行きます。

 

f:id:y3575t3545:20210915183650j:plain

f:id:y3575t3545:20210915183705j:plain

 

 水上回廊の入り口が見えてきます。

 

f:id:y3575t3545:20210915183756j:plain

 

 回廊の左右には、湿地が広がっており、開けていて気持ちが良いです。

 

f:id:y3575t3545:20210915183905j:plain

f:id:y3575t3545:20210915183910j:plain

f:id:y3575t3545:20210915183913j:plain

 

 回廊の木道を通って進みます。他の方のブログでよく見る「チョウトンボ」や

  「シオカラトンボ」「オニヤンマ」など色々なトンボや蝶が飛んでいるのですが、

    動きが早くて撮れませんでした。

 

 「炊事棟」が見えてきました。

 

f:id:y3575t3545:20210915184336j:plain

 

 ここは宿泊は出来ませんが、デイキャンプや自然体験、自然学習などの活動の場

 として整備されています。

 

f:id:y3575t3545:20210915184813j:plain

 

 休憩施設を素通りして、また鵜の池の木道を進みます。

 

f:id:y3575t3545:20210915185155j:plain

f:id:y3575t3545:20210915185229j:plain

 

 木道の左右にはミソハギの花が沢山咲いていました。

 

f:id:y3575t3545:20210915185322j:plain

f:id:y3575t3545:20210915185324j:plain

 

 池の奥の方に、緑の塊が見えます。なにかなー?

 

f:id:y3575t3545:20210915185414j:plain

f:id:y3575t3545:20210915185421j:plain

 

 蓮でしょうか?

 しかし、「朝日池」はどこだったのかな?繋がっているはずだからここかな?

 どうも公園脇の道を越えた向こうでないと、見えないようです。

 

 たくさん歩いたので、そろそろ駐車場に戻りましょう。

 

f:id:y3575t3545:20210917134638j:plain

 

 帰り道の途中にも休憩施設があり、そこで、カッパ像を見つけました。

 

f:id:y3575t3545:20210917134754j:plain

f:id:y3575t3545:20210917134757j:plain

 

 この写真以外に、駐車場で、もう2体見つけたので、今日は合計5体のカッパ像を

 見つけたことになります。今は何体設置しているのかな?次回また新しいカッパ像

 を見つけられればいいなと思います。

 

 今日のお散歩は、3時間位になりました。暑い中、頑張りました。

 

 今回で、大潟水と森公園のお散歩は終了です。

Part 2 大潟水と森公園に行ってきました

 大潟水と森公園の続きです。

 

 東屋で休憩して、次のゾーンに向かいます。

 

 途中色々な草花を見ることが出来ます。

 

f:id:y3575t3545:20210914211050j:plain

f:id:y3575t3545:20210914211105j:plain

f:id:y3575t3545:20210914211125j:plain

 

 茄子の花のようなものが咲いていました。

 茄子ではなく「悪なすび」というのだそうです。

 茄子の仲間で、抜いても抜いても駆除できず、そのくせ棘があり、実も毒があると

 いう事から、「悪なすび」と名前が付けられたのだそうです。

 食べられるといいのにねー。

 

f:id:y3575t3545:20210914211545j:plain

 

 道の脇に変わった地層を見つけました。

 

f:id:y3575t3545:20210914211644j:plain

f:id:y3575t3545:20210914211647j:plain

 

 潟町砂丘「いくじ」というそうです。

 

 旧大潟町周辺の海岸砂丘地帯は潟町砂丘と呼ばれ、潟町砂丘は、今から数万年前の

 古い時代の砂丘(古砂丘)や数千年前以降にできた新しい砂丘新砂丘)から成り

 立っており、古い時代にできた古砂丘の事をこの辺では、「いくじ」と呼んでいる

 とのこと。

 

 気の遠くなるような時代の地層が見れるなんてびっくりです。

 

 「歴史ゾーン」に向かいます。

 

f:id:y3575t3545:20210914214137j:plain

 

 木々の中を歩いて行きます。

 

f:id:y3575t3545:20210914214222j:plain

 

 結構な距離を歩かないといけないようです。途中には、ベンチもあります。

 

f:id:y3575t3545:20210914214324j:plain

 

 しばらく歩くと、道の左手に、広場が見えてきます。

 「お休み広場ゾーン」と書いてあります。

 

f:id:y3575t3545:20210914214434j:plain

 

 東屋もあって、広々としたスペースになっています。子供たちが駆け回るには

 もってこいの場所です。

 

f:id:y3575t3545:20210914214653j:plain

f:id:y3575t3545:20210914214658j:plain

 

 ここは、スルーしました。

 

f:id:y3575t3545:20210914214757j:plain

 

 木々の間の道がずっと続くと思っていたら、途中から、遮るもののない、

 道になってしまいました。 陽が照り付けて暑い。

 

f:id:y3575t3545:20210914215434j:plain

 

 道の脇の草花で、気をまぎらわせながら進みます。

 草木も暑そうです。

 

f:id:y3575t3545:20210914215722j:plain

f:id:y3575t3545:20210914215734j:plain

f:id:y3575t3545:20210914215742j:plain

 

 右手に池が見えてきました。休憩した東屋から見えていた「鵜の池」です。

 

f:id:y3575t3545:20210914215945j:plain

f:id:y3575t3545:20210914215958j:plain

 

 水を見ると、いくらか涼しさを感じますが、やはり暑い。

 

 トイレがある場所までやっときました。

 

f:id:y3575t3545:20210914220222j:plain

f:id:y3575t3545:20210914220422j:plain

 

 大きなプラタナスの木が、陽を遮ってくれて、一息つけました。

 

f:id:y3575t3545:20210914220536j:plain

f:id:y3575t3545:20210914220539j:plain


 アベリアやさるすべりも咲いていて、きれいです。

 

f:id:y3575t3545:20210914221619j:plain

f:id:y3575t3545:20210914221625j:plain

 

 もう少しで、「丸山古墳」があるはずです。頑張ります。

 木々の間を歩くことが出来て、少しほっとします。

 

f:id:y3575t3545:20210914221850j:plain

 

 セミの鳴き声が、すごいです。家の周りはアブラゼミが多いのですが、ここは、

 「みーん、みんみん、みーん」と鳴くミンミンゼミが多いようです。どこで鳴いて

 いるのかなと、探してみると、いました。ミンミンゼミです。羽が透明です。

 

f:id:y3575t3545:20210914222328j:plain

 

 道を上がったところが、「丸山古墳」でした。

 

f:id:y3575t3545:20210914222325j:plain

f:id:y3575t3545:20210914222443j:plain

f:id:y3575t3545:20210914222507j:plain

 

 そんなに大きくはないです。

 

 やっと歴史ゾーンを制覇しました。すでに、1時間50分も経ってしまいました。

 また、来た道を戻って、次のゾーンに向かうのは、つまらないので、池のすぐ脇の

 道を通って戻ることにします。

 

 長くなってしまったので、今回は、ここまでにします。

 次回に続く。
 

Part 1 大潟水と森公園に行ってきました

 まだまだ暑い休日。少しは涼しくお散歩できるところはないかな?

 という事で、大潟の水と森公園に出かけてきました。

 

f:id:y3575t3545:20210909205000j:plain

 

 水と森公園は、名前の通り、水と森に囲まれ、雄大で美しい自然を有し、

 春には桜、夏にはアジサイ、秋には紅葉などを見ることが出来ます。

 また公園には「鵜の池」と「朝日池」の2つの大きな池が隣接し、多くの

 水鳥が飛来します。

 

 前に来たときは、とても広い公園だったので、一部だけ散策したのですが、

 今回はもう少し沢山歩いてみようと思います。

 

 公園に入ると、すぐにエントランスゾーンがあります。

 芝生の周りを取り囲むように半円形の通路があります。芝生の中央に噴水が

 あるのですが、今年は水が出ていませんでした。

 

f:id:y3575t3545:20210909210755j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210909211040j:plain

 

 それでは早速、散策開始です。まずは「自然観察園ゾーン」から観て回ります。

 

f:id:y3575t3545:20210909211230j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210909211238j:plain

 

 整備された道の両側は、沢山の木々が生い茂っており、陽の光を弱めてくれる

 ため、それほど暑くはありません。

 

 色々な草木が植えられています。

 

f:id:y3575t3545:20210909211526j:plain

f:id:y3575t3545:20210909211530j:plain

f:id:y3575t3545:20210909211539j:plain

f:id:y3575t3545:20210909211618j:plain

f:id:y3575t3545:20210909211627j:plain


 珍しい木々があるわけではありませんが、自然の中を歩くのは、気持ちが良い

 ものです。

 

f:id:y3575t3545:20210909211911j:plain

 

 緑一色の中に、チラホラ、花も咲いています。

 

f:id:y3575t3545:20210909212012j:plain

f:id:y3575t3545:20210909212018j:plain

f:id:y3575t3545:20210909211606j:plain

 

 舗装された道の脇には、電車の線路かと間違いそうな遊歩道もあります。

 

f:id:y3575t3545:20210909212251j:plain

 

 今回は、舗装された道を進みます。木々の間から陽の光が差し込んで、道に

 かわいらしい模様を作っています。

 

f:id:y3575t3545:20210909212503j:plain

 

 しばらく行くと、「自然観察園ゾーン」は終わってしまいました。

 

f:id:y3575t3545:20210909212705j:plain

 

 次は、「潟の里ゾーン」に向かいます。ここは初めて行くところです。

 

f:id:y3575t3545:20210909212851j:plain

 

 ちょっと雰囲気は違います。

 

f:id:y3575t3545:20210909212911j:plain


 木道を歩いて行きます。

 

f:id:y3575t3545:20210909213028j:plain


 池のような所に出ました。

 

f:id:y3575t3545:20210909213138j:plain

f:id:y3575t3545:20210909213150j:plain

 

 何のための池でしょうか?カッパの像が置いてあります。

 

f:id:y3575t3545:20210909213232j:plain


 今年は公園開園20周年にあたり、「カッパ像を探せ!スタンプラリー」が開催

 されています。カッパ像は上越教育大学の先生や生徒さんたちが作成し、設置

 したとのことです。今後も徐々に増やし、18体のカッパ像が公園内に設置される

 予定とのことです。

 さあ、何体見つけられるかな?

 

 池を覗きこんでいたら、変わった生き物が泳いでいます。魚でしょうか?

 あっという間にいなくなってしまい、よくわかりませんでした。何だったのかな?

 

f:id:y3575t3545:20210909214313j:plain

 

 池を後にして進みます。開けたところに出てきました。

 

f:id:y3575t3545:20210909214445j:plain

 

 百日紅の花が咲いています。

 

f:id:y3575t3545:20210909214539j:plain

f:id:y3575t3545:20210909214544j:plain

 

 「鵜の池」が見えてきました。

 

f:id:y3575t3545:20210909215206j:plain

 

 もうすでに40分位歩いたので、東屋で一休みします。

 

f:id:y3575t3545:20210909215555j:plain

 

 最近、お気に入りのコーヒーを飲んで池を眺めながら休憩です。

 

f:id:y3575t3545:20210909215645j:plain

 

 一息ついたので、散策開始です。

 まだまだ先は長いので、今回はここまでにします。

 

 次回に続きます。

句碑公園に行ってきました

 新潟の方でもあまり知らないと思いますが、十日町市にある句碑公園に行って

 きました。

 句碑公園は清瀧寺の裏山、約3haのブナ林の公園です。十日町市内外の俳人

 読んだ石碑が30基ほどあります。

 

f:id:y3575t3545:20210904141421j:plain

 

 周りには住宅が少しありますが、少し歩けば、山の中に入っていくというような

 場所です。

 

f:id:y3575t3545:20210904142827j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210904142833j:plain

 

 清瀧寺の脇の道をてくてくと登っていきます。

 

f:id:y3575t3545:20210904142855j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210904142925j:plain


 少し歩いただけで、木々に囲まれた別世界になります。

 

f:id:y3575t3545:20210904143309j:plain

 

 早速、句碑を見つけました。

 長年の風雨にさらされているので、よく読めないものもあります。

 

f:id:y3575t3545:20210904143040j:plain

 「一斉に 芽吹きし山に 抱かれ住む」でしょうか。

 

 句碑は、きちんと並んで置いてあるわけではなく、木々に同化した様な場所や

 道の脇に置いてあります。見つけるのも楽しいです。

 

f:id:y3575t3545:20210904143559j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210904143605j:plain

 

 道は整備され歩きやすいです。どんどん登っていきます。

 

f:id:y3575t3545:20210904143709j:plain

 

 道の曲がり角に句碑が2つあります。

 

f:id:y3575t3545:20210904143756j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210904144020j:plain

 「万物の深雪の底に 眠りおり」

 

f:id:y3575t3545:20210904144209j:plain

 

 まだまだ、登っていきます。

 

f:id:y3575t3545:20210904144216j:plain

 

 ふと、道の脇を見ると、畑が見えます。

 ここまで来て、畑仕事をするのは大変でしょうね。違う道があるのかな?

 

f:id:y3575t3545:20210904144505j:plain

 

 読めるものをあげてみます。

 

f:id:y3575t3545:20210904150102j:plain

 「永らえて 卒寿の初日 拝みけり」

f:id:y3575t3545:20210904150653j:plain

 「月上げて 深雪の底に 町眠る」

f:id:y3575t3545:20210904150858j:plain

 「出稼ぎの 雪の半とし 寡婦暮らし」

f:id:y3575t3545:20210904151003j:plain

 「八海に 棚引く雲や 今朝の秋」

 

 赤城山大明神入口という立て札があります。そちらに行ってみます。

 

f:id:y3575t3545:20210904195225j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210904195234j:plain

 

 向かう道の脇にも句碑があります。

 

f:id:y3575t3545:20210904195323j:plain

 「天に神 地にわれらあり 初詣」

 一番高いところなのでしょうか?空が見えてきました。

 

f:id:y3575t3545:20210904195538j:plain

 

 赤城山大明神はどこかな?

 

 観音様の石碑がありました。これかな?違うよね。

 どうも見落としたようです。

 

f:id:y3575t3545:20210904203133j:plain

 

 本当はこのような石碑があるようです。(ネットからの転用)

 

🍀赤城山大明神

 

 観音様の近くの石碑を見て帰ります。

 

f:id:y3575t3545:20210904203512j:plain

 「雪卸し 雪の力を 放ちけり」

 

 あまり高くない、木々の中を句碑を探しながらのお散歩で、気持ちよかった

 です。次回は、大明神の句碑を見落とさないようにします。

Part 2 龍ヶ窪に行ってきました

 龍ヶ窪の散策の続きです。

 

f:id:y3575t3545:20210830130746j:plain

 

 龍ヶ窪には2つのお社があります。「八大龍王権現」と「龍ヶ窪神社」です。

 

 まずは「奥の龍神さま」と呼ばれる「八大龍王権現」に向かいます。

 

 少しだけ、青空が見えはじめました。気温も上がってきたようです。

 

f:id:y3575t3545:20210830131349j:plain

 

 すぐにお社が見えてきました。

 

f:id:y3575t3545:20210830131522j:plain

 

 そんなにりっばなお社ではなく、木々を背にぼつんと立っています。

 

 しかしまわりの風景と相まってか、厳かな感じはします。

 

f:id:y3575t3545:20210830133250j:plain

 

 お社に近づくには、小さな石の橋を渡ります。

 

f:id:y3575t3545:20210830131811j:plain

 

 橋の左右は水が流れており、木々も苔が生え、趣きがあります。

 

f:id:y3575t3545:20210830132032j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210830132039j:plain

 

  水が透きとおっています。水に投げ込まれたお金もクリアに見えます(右下)

 

f:id:y3575t3545:20210830132120j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210830132250j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210830132259j:plain

 

 龍ヶ窪には湧水口が10か所以上あるようですが、このお社の所にもあります。

 

f:id:y3575t3545:20210830132550j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210830132558j:plain

 

 こんな小さな湧水が、池のあちこちから流れ出て、全体の湧水量は毎分30tにも

 なり、池の水が1日で入れ替わるという事にはびっくりします。

 

 特にこの奥のお社のところから流れ出る湧水は、真夏でも7℃という冷たい水が

 湧き出ているとのことです。

 

 自然ってすごいですね。

 

 お社に別れを告げ、来た道を戻って、「龍ヶ窪神社」に向かいます。

 

f:id:y3575t3545:20210830133439j:plain

 

 池の霧もすっかり消えていました。

 

f:id:y3575t3545:20210830133515j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210830133545j:plain

 

 分岐まで戻りました。

 

f:id:y3575t3545:20210830133619j:plain

 

 少し坂を上って、龍ヶ窪神社に向かいます。

 

 向かう坂の途中で、反対側からの池の様子が見えます。

 どこから見てもきれいです。

 

f:id:y3575t3545:20210830135700j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210830135714j:plain

 

 やはり水もきれいです。木々が写り込んでいます。

 

f:id:y3575t3545:20210830135744j:plain

 

 すぐにお社に到着です。

 広い境内があるのではなく、階段の上にどんと建っています。お参りするには

 他の人が階段の下で待ち、交替でお参りするような感じです。

 

f:id:y3575t3545:20210830140212j:plain

 

 階段の脇には、湧き出たばかりの水が飲める水飲み場があります。

 

f:id:y3575t3545:20210830140341j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210830140418j:plain

 

 濁っているように映ってしまいましたが、無色透明です。水の勢いが強く水しぶき

 がこのように見えてしまいました。

 

 せっかくなので飲んでみました。

 無味無臭。とても飲みやすい冷たい水です。

 

 プラスチックの容器をもって、水を汲みに来ている人もいました。

 

 さあ戻りましょう。

 来た時は、暗かった道も陽が射して、すがすがしい感じがします。

 

f:id:y3575t3545:20210830140914j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210830140920j:plain

 

 駐車場に着くと、だいぶ青空が広がっていました。

 

f:id:y3575t3545:20210830141011j:plain

 

 駐車場の前には田んぼが広がっていました。

 きれいな山からの水で育ったのなら、さぞかしおいしいお米が採れるでしょうね。

 

f:id:y3575t3545:20210830141150j:plain

 

f:id:y3575t3545:20210830141156j:plain

 

 すがすがしい気分になれるお散歩でした。

 

 龍ヶ窪の散歩は終了です。