たのしみごと

日々のちょっとした出来事を書いてみました

Part 1 加茂山公園に行ってきました

 加茂山公園は時々お散歩に行く場所です。

 紅葉も終わりかけの11月末に出かけてきました。

 

f:id:y3575t3545:20220119183530j:plain

 

 この日は、いつも車を停める青海神社の下の駐車場がいっぱいだったので、臨時の

 野外ステージ前の駐車場に停めました。

 

f:id:y3575t3545:20220119174223j:plain

 

 いつもと反対周りのコースでお散歩です。

 

f:id:y3575t3545:20220119174311j:plain

 

 加茂山公園は「新潟県森林浴の森百選」に選ばれています。

 

f:id:y3575t3545:20220119174448j:plain

f:id:y3575t3545:20220119174454j:plain

 

 遊歩道が山全体にあり、大きな木々が道の両側にあるため、森林浴にはもって

 こいの場所です。

 

 紅葉はほとんど終わっていましたが、時々、赤く染まったもみじを見ることが

 出来ました。

 

f:id:y3575t3545:20220119175224j:plain

f:id:y3575t3545:20220119175235j:plain

 

 天気がいまひとつの上に、高い木々が陽の光を遮っていて、薄暗く感じます。

 

f:id:y3575t3545:20220119175444j:plain

f:id:y3575t3545:20220119175448j:plain

 

 道なりに、てくてく歩いて行くと、東屋の脇に出ました。

 「雪椿園」や「加茂山リス園」が見えます。

 

f:id:y3575t3545:20220119180140j:plain

f:id:y3575t3545:20220119175927j:plain

 小林幸子の「雪椿」の歌碑があります。

 

f:id:y3575t3545:20220119175937j:plain

 

 東屋には「にじいろカフェ」があり、何か食べることが出来そうです。

 幾らも歩いていないのに?・・・。まだ食事の時間でもないのに?・・・。

 でも見ると食べたくなってしまいます。

 

f:id:y3575t3545:20220119180710j:plain

f:id:y3575t3545:20220119180504j:plain

 

 どれも食べたかったのですが、今回は「こんにゃく」と「加茂山ぜんざい」を

 頼んでみました。

 

f:id:y3575t3545:20220119180737j:plain

 味が染みていておいしい。

 

f:id:y3575t3545:20220119180757j:plain

 甘くてとってもおいしかったです。

 

 ベンチに腰を掛けて、目の前の紅葉を見ながら食べるなんて、何て素敵でしょう。

 

 私はお汁粉より、ぜんざいが好きなので、「おいしい、おいしい」と言いながら、

 あっという間に食べてしまいました。

 もっと食べたいなー。でも、がまんがまん・・・。

 

 後ろ髪をひかれながら、「加茂山リス園」に行きました。

 

f:id:y3575t3545:20220119181504j:plain

 入場料は無料です。

 

 さっそく、中へ。

 リスさんがいましたー。

 

f:id:y3575t3545:20220119181738j:plain

 

 前に訪れた時は、柵はなく、リスが足元を走り回っていましたが、今は柵で

 仕切られていました。

 

 子供たちが、追っかけまわしたり、うっかり踏んでしまったりすることを防ぐ

 ためのようです。確かに、前に訪れた時は、怪我をしているリスも沢山いました。

 安心して、走り回れて、リスさん良かったね・・・。

 

 あちこちでお食事タイム。

f:id:y3575t3545:20220119182159j:plain

f:id:y3575t3545:20220119182216j:plain

f:id:y3575t3545:20220119182221j:plain

 

 かわいすぎるー。ほっぺがぷっくり膨らんで、頑張って食べている姿が愛おし

 すぎるー。

 

 とってもすばしっこくて、写真を撮ろうとすると、走り回ってなかなか撮れません。

 でもその姿を写真に収めようとするのも楽しいです。

 

f:id:y3575t3545:20220119182614j:plain

f:id:y3575t3545:20220119182620j:plain

f:id:y3575t3545:20220119182646j:plain

 

 飼育員さんが「餌のひまわりの種などを後で食べようと、土に穴を掘って埋める

 のですが、その場所を忘れてしまうので、出てきた芽を抜くのが大変なんですよ。」

 と話されていました。

 

f:id:y3575t3545:20220119183020j:plain

f:id:y3575t3545:20220119183024j:plain

 

 可愛すぎて、たくさん撮影しました。

 写真を見返しても「かわいいー。」が止まりません。

 

f:id:y3575t3545:20220119183224j:plain

 

 リス園を後にして、公園内をお散歩します。

 

 次回に続きます。

番神堂に行ってきました

 新潟県柏崎市の海岸線の高台に建つ日蓮ゆかりの番神堂です。

 

 柏崎市指定の文化財で、地元の方にはよく知られている場所だと思いますが、

 私は今回、初めて訪れてみました。

 

f:id:y3575t3545:20220113212151j:plain

 

 住宅街を通り抜けて、やっとたどり着きました。

 高台にあるので、番神堂からは市街地がよく見えます。

 

f:id:y3575t3545:20220113212339j:plain

 

 入口には、百度石があり、願いを込めて、お百度を踏んだのかなと想像させられ

 ました。

 

f:id:y3575t3545:20220113212711j:plain

 

 境内の奥に番神堂が見えてきます。

 

f:id:y3575t3545:20220113212746j:plain

f:id:y3575t3545:20220113212755j:plain

f:id:y3575t3545:20220113212803j:plain

 

 堂のあちこちには、立派な彫り物が見られます。

 

f:id:y3575t3545:20220113212844j:plain

f:id:y3575t3545:20220113212847j:plain

f:id:y3575t3545:20220113212849j:plain

 

 番神堂は、日蓮宗妙行寺に属し、文永11年(1274年)に日蓮上人が佐渡からの赦免

 の折、三十番神を勧請(神や仏の霊を移して祭る事)したと伝えられています。

 

 彫刻についての看板がありました。

 

f:id:y3575t3545:20220113213612j:plain

 

 本堂の周りの彫刻が素晴らしいようですが、劣化を防ぐために囲いがしてあり、

 中をよく見ることが出来ませんでした。

 

f:id:y3575t3545:20220113213826j:plain

 

 ガラス越しでうまく写りません。私の腕では、これが限界でした。

 

f:id:y3575t3545:20220113213931j:plain

f:id:y3575t3545:20220113214039j:plain

 

 お堂の脇を通って、裏にまわってみました。

 

f:id:y3575t3545:20220113214500j:plain

 

 途中、「竹駒稲荷」がありました。

 

f:id:y3575t3545:20220113214451j:plain

 

 稲荷神社は、稲荷大神または稲荷神をお祭りしている神社だそうです。

 稲荷神は稲を象徴する穀霊神、農業と深く関係する農耕神、宇迦之御魂大神

 (うかのみたまのおおかみ)とされているそうです。

 

 江戸時代までは国民のほとんどが農業に従事していたことから、一般庶民に

 支持され、国内で最も普及した神社だそうです。

 

 ちなみに、「お稲荷さん」はきつねではなく、きつねは、稲荷神のお使いで、

 神様をお守りする存在として、境内におかれているそうです。

 はじめて知りました。無知ですみません・・・。また一つ勉強になりました。

 

 階段を上っていくと「日蓮上人」の像が見えます。

 

f:id:y3575t3545:20220113220156j:plain

f:id:y3575t3545:20220113220200j:plain

f:id:y3575t3545:20220113221653j:plain

 

 ここからは、日本海が良く見えました。

 

f:id:y3575t3545:20220113220451j:plain

 

 石碑もあります。古いもののようです。

 

f:id:y3575t3545:20220113220803j:plain

 

 日蓮上人が、佐渡流罪から赦免されて、寺泊に向かった時に、大風が吹き、

 流れ着いたのが番神岬だそうです。着岸の場所には、塔が立っています。

 

f:id:y3575t3545:20220113221355j:plain

f:id:y3575t3545:20220113221412j:plain

 

 今回は、高台から見るだけにしました。荒れた日本海を渡ってくるのは、命がけ

 だったのでしょうね・・・。

 

 境内に戻ってきました。

 境内には桜の花が咲いています。この時期に桜って?

 「十月桜」のようです。こんな時期に桜を見ることが出来て、うれしかったです。

 

f:id:y3575t3545:20220113222037j:plain

f:id:y3575t3545:20220113222042j:plain

f:id:y3575t3545:20220113222048j:plain

 

 誰もいない場所で、色々なことに思いを巡らせながらのお散歩でした。 

松雲山荘に行ってきました

 昨年の11月18日に柏崎の「松雲山荘」に行ってきました。

 

f:id:y3575t3545:20220108210808j:plain

 

 「松雲山荘」は柏崎ガス会社の創設者、飯塚謙三氏の旧居で、大正15年に伊藤武

 画伯の六曲屏風絵をもとに築庭されたものです。

 

  園内はつつじやもみじをはじめ、多数の樹木に覆われ、その間には灯篭や太鼓橋、

 池などを配してあります。四季折々に色々な雰囲気を楽しむことが出来ます。

 紅葉の時期には、600本のもみじが、まっ赤に色づく紅葉の名所です。

 入り口前には、この時期だけ、「赤坂山紅葉ダイニング」がオープンします。

 

f:id:y3575t3545:20220108203403j:plain

f:id:y3575t3545:20220108190857p:plain

                          (柏崎観光協会HPより)

 完全予約制のディナーを楽しむ事が出来ます。

f:id:y3575t3545:20220108203025p:plain

                          (柏崎観光協会HPより)

 今回は、寄らずに園内に入ります。

 

f:id:y3575t3545:20220108203806j:plain

f:id:y3575t3545:20220108203849j:plain

f:id:y3575t3545:20220108203857j:plain

 

 少し坂を上ると、園内に入ることが出来ます。

 

f:id:y3575t3545:20220108204014j:plain

f:id:y3575t3545:20220108204022j:plain

 

 入り口脇には、かわいらしいピンクの山茶花が咲いていました。

 

f:id:y3575t3545:20220108204122j:plain

f:id:y3575t3545:20220108204125j:plain

 

 例年のこの時期は、園内がまっ赤に染まって美しいのですが、今回は天気が悪く、

 陽が射していないうえに、色づきが少し悪いようです。

 

f:id:y3575t3545:20220108211301j:plain

f:id:y3575t3545:20220108211308j:plain

 

 園内には「木村茶道美術館」があり、「寒月茶席」が開催されているようですが、

 訪れた時間が早かったので、まだお茶席はやっていませんでした。

 

f:id:y3575t3545:20220108211755j:plain

f:id:y3575t3545:20220108211849j:plain

f:id:y3575t3545:20220108211907j:plain

 

 赤い橋が架かっていて、かわいらしいのですが、周りの木々の色づきはまだまだ

 足りない感じです。

 

f:id:y3575t3545:20220108212843j:plain

f:id:y3575t3545:20220108212134j:plain

f:id:y3575t3545:20220108212211j:plain

f:id:y3575t3545:20220108212217j:plain


 池や灯篭が配置されていて、庭としては趣があるのですが、ちょっと寂しく

 感じます。

 

f:id:y3575t3545:20220108212346j:plain

f:id:y3575t3545:20220108212350j:plain

f:id:y3575t3545:20220108212447j:plain

 

 赤く色づいたもみじを見つけると嬉しくなります。

 

f:id:y3575t3545:20220108213057j:plain

f:id:y3575t3545:20220108213101j:plain


 時期が早かったのかな?天候のせいで、きれいに色づかなかったのかな?

 

f:id:y3575t3545:20220108213425j:plain

f:id:y3575t3545:20220108213430j:plain

f:id:y3575t3545:20220108213440j:plain

 

 紅葉を期待したお散歩としては、ちょっと寂しかったです。

 

 次回に期待して、お散歩は終了です。 

あけましておめでとうございます

 皆様あけましておめでとうございます。

 

 三が日も過ぎてしまったのに、今頃の御挨拶で申し訳ありません。

 

f:id:y3575t3545:20220104100156j:plain

 

 新潟は、年末から、雪が積もったり溶けたりの繰り返しです。

 寒いといってもー5℃位が今のところ、一番低い温度でしたので、北海道の

 ー23℃なんかに比べたら、全然暖かいのでしょうね。でも寒いです。

 

 年末は大掃除や年越しの準備などで大忙しでした。

 

 12月31日に娘夫婦が来るというので、年越し料理を準備しました。

 

f:id:y3575t3545:20220104101041j:plain

 一人分はこんな感じです。

 

f:id:y3575t3545:20220104101201j:plain

 お寿司は、「原信」の謹製特選握りずし

 すべて新鮮なネタでおいしかったです。

 

f:id:y3575t3545:20220104101436j:plain

 かにも原信で買いました。

 例年は寺泊の日本海鮮魚センターで3杯ほど買ってくるのですが、雪が心配で

 今回は断念しました。

 

f:id:y3575t3545:20220104101712j:plain

 エビフライとサラダ

 ブロッコリープラウとを生ハムで巻いてみました。

 

f:id:y3575t3545:20220104101833j:plain

 紅白なますとのっぺ、松前づけ(新潟でははりはり漬けと言います)

 はりはり漬けに人参を入れるのを忘れてしまいました。

 

f:id:y3575t3545:20220104101935j:plain

 なばなのこぶだし浸しと紅鮭の一夜干し

 

f:id:y3575t3545:20220104102050j:plain

 きゅうりの塩麹付けとベったら漬け

 少し、味が薄くなってしまいました。

 

f:id:y3575t3545:20220104102204j:plain

 なめことねぎの味噌汁。

 

f:id:y3575t3545:20220104102254j:plain

 お酒は、「加賀の月 満月」とシーバスリーガルの12年を準備しました。

 

 加賀の月の満月は2012年のIPS細胞研究でノーベル賞に輝いた山中教授の「ノーベル

 ナイトキャップ」で出されたお酒です。飲んでみたかったので取り寄せてみました。

 

 まろやかで飲み口があっさりしていて、食事にとてもあうお酒でした。

 ぐいぐい飲めるので、ちょっと危険・・・。

 

 楽しい食事をすることが出来ました。

 お腹いっぱい食べて、良い年越しが出来ました。

 

 アップスピードが遅いので、いつも時期がずれてしまいがちですが、今後とも

 よろしくお願い致します。

 

 ※新年からのアップは、まだ昨年の物からになってしまいます。また雪が降って

  外に出られない場合は、いままで撮りためた写真からのアップになると思います。

  暫くお付き合いいただければと思います。

 

f:id:y3575t3545:20220104104202j:plain

 

 今年もよろしくお願いいたします。

年末の御挨拶を申し上げます

 2021年も暮れようとしています。

  

f:id:y3575t3545:20211231152355j:plain

 

 今年を振り返り、皆様に感謝とご挨拶を申し上げます。

 

 2021.2.21に、初めてブログをはじめました。

 写真も家庭菜園も素人の私ですが、何か新しいことにチャレンジしてみたいと

 いう事で、ブログをはじめてみました。

 

f:id:y3575t3545:20211231152601j:plain

 

 どうやって、ブログに写真を張り付けるか?どうやって記事を書いたら良いのか?

 何一つわからないまま、はじめました。

 

 人に教えていただいたり、皆様の写真や記事を見たりしながら、勉強させていただ

 きました。

 

 息をのむような美しい写真、絶対自分には撮れなそうと感じて、自分の写真が恥ず

 かしくなることも多くありました。

 

f:id:y3575t3545:20211231153134j:plain

 

 しかし、hohoannさんをはじめ色々な方から、コメントや励ましのお言葉を

 いただくたびに、また頑張ろうと思いながら、今までブログを続けることが

 出来ました。心より感謝申し上げます。

 

f:id:y3575t3545:20211231153407j:plain

 

 ブログを通じて、自分の知らなかったことや考え方、他の方々の日常の様子を

 知ることが出来、自分の日常に、違った風を吹き込むことが出来ました。

 

f:id:y3575t3545:20220101204046j:plain

 

 まだ1年にも満たない、ひよっこの私ですが、これからも、楽しみながらブログを

 続けていきたいと思います。

 

f:id:y3575t3545:20211231153745j:plain

 

 拙いブログを読んでいただいた読者の皆様、そして私に学びや楽しみを与えて

 くださった、ブログ掲載の皆様に心より感謝申し上げます。

 

f:id:y3575t3545:20211231154047j:plain

 

 今年はコロナ禍で、思う様に外に出れなかったり、したいことも我慢しなければ

 ならなかった年でしたが、来年は、もっとのびのびと、「たのしみごと」が見つ

 けられると良いなと思っています。

 

 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 皆様にとって、良い年になりますことをお祈りいたします。

 

  ※記事中の写真は、一番最初の記事を書いた時の写真から、上げさせて

   いただきました。(初心を忘れないように)

弥彦山スカイラインに行ってきました

 弥彦スカイラインが12月1日から来年の3月31日まで通行止めになるという事で、

 11月の中旬に、行ってきました。

 

f:id:y3575t3545:20211228155238j:plain

 

 弥彦山スカイラインの山頂は、弥彦山の本当の山頂ではありませんが、車では

 そこが最高位となります。

 

f:id:y3575t3545:20211228160605j:plain

 

 駐車場に車を停め、久しぶりにロープウェイの山頂駅まで行ってみることに

 しました。

 

 駐車場から歩いても、そんなに時間がかからずに行くことが出来ますが、今回は

 「クライミングカー」に乗っていくことにしました。

 

f:id:y3575t3545:20211228160905j:plain

                         (2021.5.6撮影)

 

 クライミングカーを利用すると、あっという間に、到着します。

 楽ちん楽ちん・・・。

 

 クライミングカーは「展望食堂」の脇に到着します。ロープウェイの山頂駅は

 そこから少し、下ったところにあります。

 

f:id:y3575t3545:20211228161354j:plain

f:id:y3575t3545:20211228161400j:plain

 

 ロープウェイの営業も11月いっぱいとのことで、結構、観光客の方がいらっしゃい

 ました。

 

 展望食堂で、食事をしようと思ったのですが、観光客の方の昼食と時間がぶつかり、

 予約でいっぱいとのことで、食べることが出来ませんでした。

 

 写真は撮れませんでしたが、「日本海夕日ラーメン」や「スカイツリーパフェ」が

 名物のようです。

 

 私的には、シンプルなラーメンやカレーライスが子供時代に戻った感じがして、

 好きなのですが・・・。

 

 展望食堂からは、越後平野が一望できます。

 

f:id:y3575t3545:20211228163550j:plain

 

 「やひこざくら」が見えます。今の時期は枝だけになっていて、さみしい感じが

 しますが、花がきれいに咲いていればきっと素敵でしょうね。

 

 「やひこざくら」は樹齢170年余の1本桜です。白山桜の変種で、大正9年に三好学

 博士によって命名されたとのこと。生態的にはヤマザクラよりは高所に、エゾヤマ

 ザクラよりは低所に生えているとのこと。弥彦山中に点在する中で、最高所、最老

 齢、最大樹という点で、貴重な1株とのことです。

 

f:id:y3575t3545:20211228165155j:plain

 

 山の上のためか、紅葉は終わりでした。

 

f:id:y3575t3545:20211228165346j:plain

f:id:y3575t3545:20211228165351j:plain

 

 本来なら、御神廟の所まで行って、お参りするべきですが、今回は、行きません

 でした。ごめんなさい・・・。

 

f:id:y3575t3545:20211228165603j:plain

 

 展望食堂の脇に「パノラマタワー」が見えます。

 子供の頃に、乗ったきりなので、乗ってみることにしました。

 

f:id:y3575t3545:20211228165651j:plain

 

 クライミングカーで、下の乗り場まで戻ります。

 パノラマタワーは回転式昇降展望塔としては、国内最古のもの。小さい時に乗った

 きりなので、ずいぶん長い間、頑張って動いているなーと感心します。乗っても

 大丈夫かな?途中で落ちたりしないよね?と、やや不安になりながらも、乗って

 みました。

 

f:id:y3575t3545:20211228223350j:plain

f:id:y3575t3545:20211228223406j:plain

 

 ゆっくりと回転しながら、登っていきます。

 

 展望食堂やロープウェイの山頂駅が見えます。

 

f:id:y3575t3545:20211228223547j:plain

f:id:y3575t3545:20211228223532j:plain

 

 御神廟に向かう人たちも見えます。

 

f:id:y3575t3545:20211228223636j:plain

 

 海や山も見えます。360度見渡せて素敵です。最初は怖かったけど、途中から

 そんなことは忘れて、景色を眺めることが出来ました。

 

f:id:y3575t3545:20211228223841j:plain

f:id:y3575t3545:20211228223844j:plain

f:id:y3575t3545:20211228223847j:plain

 

 ハンググライダーで飛んでいる人も見えました。

 

f:id:y3575t3545:20211228223926j:plain

 

 たった8分間の空中散歩でしたが、楽しかったです。

 

 久しぶりのクライミングカーとパノラマタワー、童心に帰ったように楽しむことが

 出来ました。

 

 

 

 

国上寺の紅葉を見に行ってきました

 国上寺の境内は、紅葉の時期になると、色鮮やかな紅葉を見ることが出来ます。

 

f:id:y3575t3545:20211222215058j:plain

 

 今日は、国上寺の境内を中心に紅葉を見てきました。

 

 紅葉する木が沢山あるわけではありませんが、お寺の雰囲気と相まって、きれいに

 見えます。

 

f:id:y3575t3545:20211222221824j:plain

f:id:y3575t3545:20211222215803j:plain

f:id:y3575t3545:20211222222432j:plain

f:id:y3575t3545:20211222215818j:plain

 

 春は桜、夏は新緑と色々な顔を見せてくれる国上山ですが、紅葉の時期は、しっとり

 とした雰囲気がして素敵です。

 

f:id:y3575t3545:20211222220006j:plain

f:id:y3575t3545:20211222220016j:plain

f:id:y3575t3545:20211222222626j:plain

 

 真っ赤に色づいた木があります。

 

f:id:y3575t3545:20211222220109j:plain

f:id:y3575t3545:20211222220113j:plain

f:id:y3575t3545:20211222221858j:plain

 

 鐘楼の周りの木は、黄色く色づいています。

 

f:id:y3575t3545:20211222222127j:plain

f:id:y3575t3545:20211222220152j:plain

f:id:y3575t3545:20211222220155j:plain

f:id:y3575t3545:20211222222144j:plain

 

 赤く色づいた木はやはり華やかで目を惹きますね。

 

f:id:y3575t3545:20211222220308j:plain

f:id:y3575t3545:20211222220354j:plain

f:id:y3575t3545:20211222222312j:plain

 
 池には落ちた葉が色々な色を映し出しています。

 華やかではありませんが落ち着いた感じがします。

 

f:id:y3575t3545:20211222221707j:plain

f:id:y3575t3545:20211222222921j:plain


 山茶花や柿の木、小紫式部なども国上の晩秋の雰囲気を感じさせてくれました。

 

f:id:y3575t3545:20211222223125j:plain

f:id:y3575t3545:20211222223133j:plain

f:id:y3575t3545:20211222223218j:plain

 

 紅葉を堪能できた国上寺でした。