たのしみごと

日々のちょっとした出来事を書いてみました

Part 1 小諸城址・懐古園の桜

 新潟の桜がほぼ終わり、まだ咲いている桜を探しに、長野へ行ってきました。

 

 

 訪れたのは、長野県小諸市にある小諸城址・懐古園

 初めて訪れてみました。

 4月1日~25日まで「桜まつり」が行われていました。訪れたのは4月19日、日帰り

 なので、朝早く新潟を出発。途中、朝ご飯を食べたりしながら、10:30頃、到着。

 

 平日でしたが、桜まつり期間中ということもあって、駐車場は既に満車状態でし

 たが、どうにか停めることが出来ました。

 

 

 入り口前には、SL(C56-144)が展示されていました。

 小海線を走っていたSLのようです。

 桜を観に来て、SLも観れるなんて、素敵・・・。

 

 少し脱線(笑)しましたが、懐古園に向かいましょう。

 

 左手に、「三の門」が見えます。立派な門です。

 

 この門をくぐって小諸駅や「三の丸跡」に行くことが出来るようです。今回は

 行きませんでした。

 振り返ってみると、裏側だと思ったのが、表側でしたね・・・。

 

 入場料を支払って、入っていきます。


 日本百名城のひとつに数えられた小諸城鎌倉時代からの古城です。

 武田信玄の時代に山本勘助馬場信房らにより現在の縄張り本丸をどこに置く

 か、二の丸・三の丸などの曲輪はどう配置するか、防御のための堀や土塁はどう

 めぐらせるかなど、城の全体像の設計)を行い、「攻めるに難しく守るに易い城」

 「難攻不落の城」と言われていました。豊臣秀吉が天下統一をした時代に、小諸

 城主となった仙石秀久により、今日遺構の残る堅固な城として、完成されたよう

 です。

 

 

 道の脇には、野面積み(のづらずみ)の石垣が続きます。野面積みとは、自然の

 石を加工せずに、そのままの形で積み上げていく方法のようですが、堅固な造り

 に、圧倒させられます。

 

 「二の丸跡」が見えてきます。

 

 整備された場所になっていました。

 

 次いで、「南の丸跡」が見えてきます。

 ここも階段を登ってみましたが、特に何かあるわけではありませんでした。

 

 反対側には「北の丸跡」があり、ここは弓道場になっていました。

 

 少し進むと、「稲荷神社」が見えてきます。

 

 「紅葉谷」に架かる「黒門橋」を渡ると、「黒門跡」が見えてきました。

 黒門橋はそろばん橋(算盤のように多数の車を橋の下に取りつけた可動橋)で

 あったといわれ、敵が攻め込んできた際には、すばやく城内に橋を引き込み、敵の

 侵入を防ぐことができたとのこと。考えてありますねー・・・。

 黒門は、「本丸」から数えて最初の門であることから「一ノ御門」とも呼ばれて

 いたようです。

 

 「御駕籠台跡」前を通って進むと、「小諸城址・懐古神社」が見えてきました。

 

 見所が多すぎて、なかなか先に進めませんが、やっと小諸城址本丸と懐古神社

 までたどり着きました。

 

 長くなったので次回に続けます。

彌彦神社の大々神楽を観に行ってきました

 御創建から二千四百年以上の歴史を有し、遠い万葉の昔から、名神大社 越後一宮 

 国幣中社として、朝廷や民から篤い信仰を受けてきた彌彦神社

 

 よく訪れる彌彦神社ですが、「大々神楽」を今まで見たことがなかったので、4/18

 に行われるとのことで、訪れてみました。

 

 いつもの様に、駐車場に車を停め、東参道から、入っていきます。

 

 既に桜は、散っています。

 道や植木の間には、散った桜の花が、絨毯の様に積もっていました。

 

 参道脇の木々も、すっかり新緑に染まっています。

  

 「二の鳥居」に向かいます。

 

 手水舎の前を通って、二の鳥居へ

 手をつないで歩く高齢のご夫婦?親子?の姿も、微笑ましい・・・。

 

 鳥居をくぐると、案内の看板がすぐ見えました。

 舞殿で行われる「大々神楽」は、新潟県に古くから伝わる舞楽のなかでも代表的な

 ひとつにあげられ、昭和53年5月22日に国重要無形民俗文化財に指定されていま

 す。

 

 

 「参集殿」が、本日は「舞殿楽舎」になっていました。

 この建物は、舞殿を正面から見ることが出来るので、多くの方が、この建物に入っ

 ているようです。入場は無料です。

 

 中に入らず、そのまま広場に進みました。

 舞殿と楽舎が、橋掛かりで連結され一体となった造りです。

 

 10:00~14:30(中に休憩をはさみ)5時間位にわたり、大々神楽の全13曲(7曲の

 稚児舞と6曲の大人舞)が演じられます。

 5時間も観ていられないだろうな思い、お昼少し前に訪れたのですが、既に、午前

 の演目は、概ね終わっていましたが、「安摩(あま)」という神楽から観ることが

 出来ました。(楽舎の壁に演目が張り出されます)

 

 

 なかなか、うまく撮影できる場所が決まりませんねー・・・。

 カメラマンが、陣取っている場所から、撮った方が良いのでしょうか?・・・。

 と、言うことで、急遽、移動をしました。すぐの位置なのですが、そこに行くため

 には、ぐるっと回らなければたどり着けないので、大急ぎで移動しました。

 

 「摂社・末社」の前を通って、突き当りの場所はどうでしょう?

 

 木が邪魔して見えないー・・・。

 

 またしても移動・・・。

 写真左側の塀の上が良いようで、ここに陣取ることにしようと思っていたら「午前

 の部」が終了してしまいました。(な、情けない・・・)

 

 「午後の部」開始まで、1時間近くあります。

 ここまで来て、まだ満足に見れていないので、神社参拝や周りをぶらぶらして、

 時間を潰すことにしました。

 

 「妻戸大神例祭」が本日、執り行われていました。

 4月18日は、伊夜日子大神様の妃神(ひめかみ)妻戸大神(熟穂屋姫命:うましほ

 やひめのみこと)のご命日にあたり、特殊神饌の大御膳(おおごぜん)を献じて

 讃え祀る祭典が執り行われたようです。その後に、感謝と祈りを捧げるため、大々

 神楽を奉奏するとのこと。今日の大々神楽にはそのような意味があったのですね。

 年に1回、この日だけ、大々神楽の全13曲が奉奏されます。

 

 周りを散策し、門前の茶店で、おでんを頂いて、戻りました。

 撮影場所も確保しました。

 

 午後は、稚児舞が多かったです。

 

(かん珠) 

 

(抜頭)

 

 稚児舞もかわいらしいのですが、大人舞の方が見応えがあったかな?・・・。

 

(大納蘇利 )

 

(泰平楽)

 

 周りの方の話を聞くと、午前の部の「陵王」や「地球楽」も良かったとのこと。

                             (やひ恋より借用)

 初めて観た「大々神楽」。非日常的な雰囲気を堪能することが出来ました。

 次回は、最初から、観たいと思います。

Part 2 雪椿と桜が咲く加茂山公園に行ってきました

 雪椿まつりが行われていた加茂山公園。

 娘とお出かけしたお散歩の続きです。

 

 リス園が休園日だったので、残念に思いながらも、雪椿や桜を眺めながらお散歩を

 続けます。

 

 茶店もスライダーも、本日はお休み・・・。

 そのせいか、訪れる人も少ないです。

 

 ゆっくり、のんびりお散歩です。

 

 椿以外にも、小さな花を見ることが出来ます。

 

 木々の中の道を進むと、「雪椿群生地」の案内板がありました。

 

 「雪椿」って聞くと、雪の降る中、花を咲かせるようなイメージがあったのですが、

 厚い雪の下で、じっと耐え、4月中旬になると、美しい花を咲かせる椿だったのです

 ねー・・・。私には、サザンカの様なイメージが、雪椿にあったのでしたが、間違いで

 した。(私だけの思い込みでしたね・・・)

 

 群生地と案内にあったので、雪椿が咲き乱れているのを期待したのですが、あまり

 花が咲いていませんでした。

 早かったのでしょうか?・・・。自生だから仕方ないのかな・・・。

 

 道の脇にも椿が咲いていますが、少な目ですねー・・・。

 

 時々、沢山花をつけた木も見受けられました。

 派手さはありませんが、やさしい感じがします。

 

 折角ここまで来たので、「青海(あおみ)神社」に参拝していきましょう。

 

 階段を登って「神輿堂」と「伊勢両宮」を見て行きます。

 

(神輿堂)

 

(伊勢両宮)

 両社とも、木立の中にあるためか、しっとりとした趣があります。

 

 ちょっと急な階段を登ると、「青海神社」に到着です。

 階段脇には、ぼんぼりが設置してありました。

 

 「神楽殿」には、垂れ幕の設置がされています。(一部外れてますよー・・・)

 

 ぼんぼりや垂れ幕は、翌日の「太太神楽」の準備だったのでしょうか?

 青海神社の「太太神楽」は、年4回、開催されるようです。

 (4/16、5/22、7/15、9/1)

 機会があれば、訪れてください。

 

 そう言えば、「太太神楽」って観たことがないなー・・・。

 私も、一度見てみたいと思います。

 

 戻りましょう。

 

 鳥居を2つ潜って、駐車場に向かいます。

 

 いつも正規のルートを通って神社に行かないので、「神橋」や鳥居は、今回、まじ

 まじと観てきました。(罰当たりな・・・)

 

 静かで、桜も椿も見れて、ゆっくりとお散歩出来て、良かったです。

 加茂山公園散歩は終了です。

 長い間お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

Part 1 雪椿と桜が咲く加茂山公園に行ってきました

 ドライブやお散歩に、時々訪れる加茂山公園。

 娘とスケジュールが合ったので、2人で訪れてみました。

 

 加茂山公園に、向かう途中で、川の土手沿いに、桜が咲いていました。

 駐車する場所もなかったので、さっと写真を撮って撤収。駐車場があれば、ゆっくり

 観れたのですが、残念・・・。でもきれいでしたよ。

 

 加茂山公園に向かいます。

 

 加茂山公園に行く目的は、きれいな景色を見ながらのお散歩はもちろんですが、

 それ以外に、「リス園」のリスに会いに行くのと、青海神社の門前にある老舗の

 餅屋さん「西山もちや」の豆餅を買いに行くことです。

                             (食べログより借用)

 「きんぴら団子」が有名ですが、私は「豆餅」一択です。

 が、しかし・・・。訪れた日はお休みでした。ショックは大きい・・・。

 

 気を取り直して、公園散歩をいたしましょう。

 

 「青海神社(あおみじんじゃ)」の脇の道から、噴水のある池を回って、公園に

 向かいます。

 

 来てから気づきましたが、「雪椿まつり」が4/6~5/5まで、行われていました。

 訪れたのは、4.15でしたので、ばっちりな時に訪れることが出来たと、期待が膨ら

 みます。

 

 冬の寒さに耐え、春に花を咲かせる雪椿。

 新潟県の「木」そして、加茂市の「花」でもある雪椿は、加茂市の加茂山公園一帯

 に広く群生し、山全体に約5万本自生しているようです。

 

 のぼりも沢山・・・。

 

 池や周りの景色を眺めながら進みます。

 

 池から、階段を登って、公園に向かいます。

 新緑がきれいです。

 

 桜は終わっているかと思ったのですが、ちょうど見頃でした。

 「雪椿園」には、約100種、1300本の園芸品種が栽培されています。

 

 調べてみると、雪椿は、日本海側にしかなく、雪椿という名は、本田正次博士が付け

 たもので、それまでは、日本中の椿は、みな同じだと思われていたとのこと。

 伊豆大島の椿のように、大木にはならないのが、特徴とのことでした。

 

 色々な種類の椿が咲いていました。

 でも、花付きは今一つの感じがします。

 

 桜と椿と両方楽しめて、得した気分でした。

 

 鳥と桜も・・・。

 

 さあ、リスを見ようね・・・。と思ったら、本日は「休園日」のようです。

 娘も私も、リスを見るのを楽しみにしていただけに、ショックは大きい・・・。

 

 花を楽しみながら、もう少し散歩しましょう。

 次回に続きます。 

Part 2 桜咲く季節 見附市民の森へ

 400本の桜が咲き誇る「見附市民の森」。

 桜やほかの花々を観に訪れたお散歩の続きです。


 桜の市民植樹の第一期は、「中央広場」から開始されたようです。


 小さな池には、ミツガシワも咲き始めています。

 

 第二期は、「石積み桜のテラス」に80本が植樹されたようです。

 そちらにも、行ってみましょう。

 

 

 ピンク色の桜が、増えてきました。

 

 階段を登って「石積み桜のテラス」へ。

 「石積桜」があるのでそう呼ばれているようですね。

 

 石積み桜のテラスは、まだほかの場所より、花が遅いようですね・・・。

 

 桜の木を眺めていると、一組のご夫婦に声をかけられました。

 20年位前に、御自分達が、ここに桜の木を植樹したとのこと。

 いつも他の桜より、開花が遅いそうですが、様子を見に来たそうです。

                      (許可をもらって掲載しています)

 植樹した頃は、ほんの小さい苗木だったのが、20年経ってここまで大きくなった

 のだと、嬉しそうにお話ししてくださいました。想い出の木があるって、素敵です

 ねー・・・。

 

 他にも、何組かの人達が、自分達が植栽したという桜を見に来ていました。

 市民に愛されている場所なのだと、感じることが出来ました。

 

 

 山の中の植物も見て行きましょう。

 

 ここからは、中央広場の桜や街並みも少し見えました。

 

 少し山の中に入っただけで、木々の新緑がきれいです。

 

 カタクリの群生地は、もう花が終わっていました。

 

 ショウジョウバカマも見納めでしょうか・・・。

 

 替わって、「イカリソウ」が沢山咲いていました。

 

 「オオカメノキ」でしょうか?あちこちで咲いています。

 

 コブシも、青空の下で、きれいです

 

 変わった植物も・・・。

 ウブラリア?・・・。

 

 どんぐりですか?・・・。

 

 楽しい発見が、ありますねー。

 

 池は、ちょっと濁ってはいましたが、鯉が泳いでいました。

 

 戻りましょう。

 学習管理棟「木々(ここ)」に戻ってきました。

 

 初めて桜が咲く季節に訪れた「見附市民の森」。

 ゆっくりと桜を眺めながら、気持ちの良いお散歩が出来ました。

 

 長い間、お付き合いいただきましてありがとうございました。

 お散歩は終了です。

 

 違う季節にもまた訪れてみたいです。

Part 1 桜咲く季節 見附市民の森へ

 昨年、5月末の新緑の頃に、初めて訪れた「見附市民の森」。

 桜の木が沢山あるので、桜の咲く頃に来たいなと思っていました。

 今回、初めて桜の季節に訪れてみました。

 

 駐車場に車を停め、公園内に入ろうとすると、満開の桜がお出迎えしてくれました。

 期待が膨らみます・・・。

 

 老木の様な重厚感はありませんが、沢山桜の木があるので、きれいです。

 

 桜の種類はよくわかりませんでしたが、ソメイヨシノだけではないようですね・・・。

 小ぶりの花がかわいらしいです。

 

 公園の方に目をやると、結構咲いてるー・・・。

 

 

 学習管理棟「木々(ここ)」に到着。

 こんなに桜が咲いていて、広々して、気持ちの良い場所で、まして天気の良い日に、

 人がほとんどいない・・・。穴場ですよねー・・・。

 

 「木々」のテラスには、テーブルも椅子も置いてあって、桜を観ながら、ゆっくり

 と過ごすにはもってこいの場所ですが、誰もいない・・・。

 

 食事をする店やファストフードの店もないので、お弁当を持ってこないと駄目な

 場所。だから人気がないのかな?・・・。こんなに素敵な場所なのに、もったいない

 ですねー・・・。もちろん私は、お弁当持ってきましたよ・・・。

 

 早速、桜が咲いている広場に向かい、お弁当でも食べましょう。

 

 花が、散ったのではなく、落ちています。こ、これは・・・。

 木の上を見ると、やはり鳥が花を落としていました。


 街並みを眺めながら、ベンチで、お弁当を食べました。

 沢山作ってきたのに、前回同様、食べることに一生懸命で、またしても、撮影し

 忘れました・・・。食いしん坊にも程がある・・・。

 

 お弁当後は、広場の桜をゆっくりと眺めながらお散歩しました。


 「木々」に戻って、向かい側の植栽された桜を観に行きましょう。

 

 「見附市民の森」は、市民が気軽に、楽しく、長く愛着を持ってもらえるようにと、

 卒業・結婚・誕生など、個々の思いを託した桜の木を寄付していただく市民参加型

 の「桜の記念植樹」を20年以上も前から、行っています。今では400本の桜が、訪れ

 る人々を楽しませてくれています。

 

 

 もう少し、観てまわります。

 次回に続けます。 

Part 3 悠久山公園の桜を観に行ってきました

 公園全体が、薄桃色に染まる長岡市の悠久山公園。

 可愛い動物も見たので、最後に歴史資料館の周りの桜も観に行きます。

 公園散歩の続きです。

 

 

 小動物園から、更に坂を少し登った高台に、「歴史資料館」があります。

 

 この周りにも、桜が沢山植えられています。

 

 城をかたどった建物の史料館です。

 

 館内展示は、河井継之助小林虎三郎杉本鉞子山本五十六など、近世から近代に

 かけて長岡の精神文化の礎を築き、日本的、世界的に活躍した郷土出身の先人の業績

 と、その人となりを紹介しています。また、今では見られなくなった雪国の積雪期に

 関する民俗資料も展示しています。

 

 建物はお城を模していますが、昔の長岡城とは全く違う造りです(天守閣は無かった

 そうです)長岡城址長岡市内にあります。

                       (長岡城址:長岡観光ナビより)

 

 資料館の石垣の一部には、旧長岡城の石垣石が使われているとのことでした。

 

 今回は、中には入らず、周りの景色を楽しみました。

 

 資料館前の広場には、休憩スペースも設置されていました。

 

 人が、下の広場より少ないので、静かにゆっくりと、桜を楽しむことが出来ました。

 

 戻りましょう。

 

 

 

 道を下って、日本庭園に降りてきました。

 

 今の時期は、水が流れていませんでした。

 

 名残の梅の花も見うけられました。

 

 庭園を通って、蒼紫神社の北参道から戻ります。

 

 天気も良く、桜満開の公園散歩が出来、気持ちよく過ごすことが出来ました。

 

 長い間お付き合いありがとうございました。

 悠久山公園へ、桜を観に行った散歩は終了です。