たのしみごと

日々のちょっとした出来事を書いてみました

Part 2 弥彦のもみじ谷に行ってきました

 弥彦公園の紅葉の続きです。

 

 

 昨年は、時期が遅かったことと、悪天候続きのためか、美しい紅葉を見ることが

 出来ませんでしたが、今年は、きれいな紅葉を見ることが出来ました。

 

 観月橋の下をくぐり、細い小川の脇を歩きます。

 

 

 真っ赤に紅葉している木々を、ここでも見ることが出来ます。

 

 

 小川の対岸に行けるように、何本もの赤い小さな橋が架かっています。

 

 

 対岸のもみじも美しく紅葉しています。

 

 

 しばらく行くと、小川は小さな池に流れ込んでいました。

 

 

 噴水のある池に到着です。

 

 

 いつもは、亀の形をした噴水から、水が噴き出しているのを見ることが出来るの

 ですが、今の時期、水は出ていませんでした。

 

 

 寒いのに、池には鯉が泳いでいます。強いですねー・・・。

 

 

 池を見ながら、駐車場の方向へ、歩いて行きます。

 

 

 この辺りのもみじは、まっ赤というより、柔らかな色合いのものが、多く見うけ

 られます。

 

 

 緑のもみじもきれいでした。

 

 

 駐車場脇の物産館「ヤホール」前の広場には、車の出店が、開店準備をしていま

 した。

 

 

 日光猿軍団の猿回しが、開催されるようですが、まだやっていませんでした。

 日光に行った時に見たことがあったのですが、今回は見ることが出来ず、残念で

 した。

 

 

 紅葉散歩は、終了です。

 

 この後、弥彦の街中をお散歩してみます。

Part 1 弥彦のもみじ谷に行ってきました

 弥彦公園の中に、紅葉の名所「もみじ谷」はあります。

 

 

 毎年、紅葉を観に訪れる場所です。

 

 天気が良いので、わくわくしながら、お散歩開始です。

 駐車場脇には、屋台が並んでいましたが、早い時間に訪れたので、まだ開いて

 いませんでした。ぽっぽ焼き買いたかったのに、残念です・・・。

 

 

 トンネルに向かう途中に、小さなため池があるのですが、青空がきれいに映り

 込んでいました。

 

 

 トンネルを通って、もみじ谷に向かいます。

 

 

 トンネルを出て、すぐの石の上に、誰が作ったのでしょう?ハートに型どられた

 もみじが置いてありました。かわいらしいですね・・・。

 

 

 目の前には、まっ赤に紅葉したもみじが見えます。

 

 

 どこを見ても、びっくりするほど、まっ赤です。

 

 

 赤い欄干の「観月橋」が見えてきました。

 橋の入り口には、黄色のもみじがあります。真っ赤な景色の中に、黄色のもみじが、

 映えますね・・・。ちょっとほっとします。

 

 

 黄色に赤の斑入りになっていて、かわいらしいです・・・。

 

 

 早い時間でしたが、人が結構いらしていたので、人を写さないようにするのが

 大変でした。そのため、ベストな方向からの撮影はなかなかできませんでした。

 

 橋の上からは、もみじ谷の紅葉と弥彦山がきれいに見えます。

 

 

 橋の下に下りてみます。

 

 

 東屋の脇の道を、下っていきます。

 

 

 周りで写真を撮っている人たちが、「どこを撮っていいかわからない。」と話して

 いましたが、私も困ってしまい、とりあえず、手当たり次第に撮影していました。

 

 

 下から、観月橋を見上げて撮影。

 人が写り込んでしまうので、思う様な位置から撮影できなくて残念でした。

 

 

 そのまま、脇に小川の流れる道を進みます。

 

 長くなるので、次回に続きます。

 

 

弥彦の菊まつりに行ってきました

 毎年、弥彦神社の参道で、菊まつりが行われます。

 昨年の11月10日に、菊まつりを観に行ってきました。

 

 

 神社脇の駐車場に、車を停めたので、神社の脇から、拝殿に向かいます。

 

 

 拝殿前の広場にも、菊が展示されています。

 

 

 拝殿脇には、小菊で、渓谷の断崖から垂れ下がった大木や滝を模した仕立て方で

 ある「大懸崖」が展示されています。

 

 

 日本酒の樽も飾ってあります。県内で製造されている日本酒です。

 沢山ありますね・・・。

 

 

 参拝を済ませ、拝殿を背にして、参道を下りていきます。

 

 

 参道両脇に、菊が展示してあります。

 

 

 丸い仕立ての菊は、弥彦神社の菊まつりでは、昔からよく見かけるものです。

 

 

 蛇の目傘のような仕立ても良く見ます。

 

 

 あまり見たことがない(私だけかもしれませんが・・・)菊もありました。

 

 

 珍しくて、たくさん写真を撮りました。

 

 可愛らしい菊もありました。

 

 

 参道を歩いて、二の鳥居を出ると、毎年テーマを変えて作られる、3万本の挿芽小菊

 による「大風景花壇」がありました。

 

 

 今年のテーマは「白川郷」でした。

 

 

 白川郷の山々の紅葉を表現しているのでしょうか?

 

 

 良く見ると、家のようなものがあります。

 白川郷の合掌造りを表現しているのでしょうね。かわいらしいです。

 

 

 小菊以外に、大きな菊もまじって、風景を作っています。

 

 

 境内の木々が、きれいに紅葉しています。

 

 

 久しぶりに、菊まつりを観れて良かったです。

Part 3 御鹿池に行ってきました

 御鹿池の続きです。

 

 

 もう少しで、歩きだしの場所に戻ります。

 

 枯れた葉っぱが、陽射しを浴びて、美しく見えます。

 

 

 池の水もキラキラしています。

 

 

 取り残された赤いモミジがいじらしく見えました。

 

 

 山が見える場所まで戻ってきました。池を1周しました。

 

 

 同じコースを戻るのも、つまらないので、遠回りして帰ります。

 

 

 道の脇には、マムシ草の赤い実やアザミなどを見ることが出来ました。

 

 

 常緑樹が多い道ですが、時々、紅葉した木も見ることが出来ました。

 

 

 広場が見えてきました。

 

 

 広場脇の道を歩いて、黒姫童話館に向かいます。

 

 

 広場は、緑の絨毯になっていて、見晴らしも良く、もったいない位広いです。

 

 

 黒姫童話館に到着です。

 

 

 正面の階段を上って行くと、看板がありました。

 

 

「時間どろぼう」という喫茶店のようですね・・・。歩いて小腹もすいたし、立ち

 寄ってみました。

 


 中は、本や可愛らしいグッズを販売しています。

 

 喫茶は、洒落た場所とは言いがたいのですが、折角だから、何か食べていきま

 しょう。いい匂いもしますし・・・。

 

 

 匂いに負けて、「スパゲッティ―ミートソース」をオーダーしました。

 

 

 来たのは、こちら・・・。テイクアウトできるようになっていました。

 木のフォークが可愛らしいです。

 

 

 とび抜けておいしいとは、言えませんが、普通においしかったです。アイスコーヒー

 も注文しました。あっという間に完食です。

 

 窓の外には、「ちひろ山荘」が見えます。

 

 

 元々は、いわさきちひろが、1966年にアトリエを兼ねた山荘を黒姫高原に建てた

 ようです。それを黒姫童話館の南側に移築したとのことです。

 

 入館は有料でしたので、今回は中に入りませんでした。

 

                           湯本建築設計HPより

 

 お腹も膨れたし、気持ちの良いお散歩も終了です。

 

 

Part 2 御鹿池に行ってきました

 御鹿池の続きです。

 

 

 御鹿池の周りを歩いてみます。

 

 

 緑や黄色に木々が染まり、きれいです。

 

 枯れた草花さえもきれいです。

 

 

 池に来る途中に出会った、年配のご夫婦からお聞きした「アケボノシュスラン」を

 探しに、道を逸れてみます。

 

 

 ここだと思うんだけどなー・・・。足元を探しながら進みます。

 

 少し道を下った所で、うすピンクの花を見つけました。1m四方位の所に、少し

 だけ咲いています。

 

 

 やさしい感じの花です。教えていただかなければ、気づきもしなかった花です。

 こんな風に、人との出会いや新しい発見があるのも、お散歩の素敵なところです

 ね・・・。

 

 池に戻ります。

 

 

 少し行くと、小さな川が見えてきました。

 木のベンチがありましたが、落ち葉さんたちが、既に使っていたので、座ることが

 出来ませんでした。

 

 

 木の橋を渡ります。目の前には、鮮やかな木々が見えます。

 

 

 まさに紅葉という感じできれいです。

 

 

 オオシマザクラの大きな木があります。桜の頃はきれいなのでしょうねー・・・。

 


 歩きはじめた対岸が見えます。こちらから見る景色もきれいです。

 池に木々が写り込んで、とても美しく見えます。

 

 

 水鳥も泳いでいます。

 

 

 少し登ると、カラマツの木々が綺麗に紅葉しています。見上げてばかりで、首や腰が

 痛くなりますが、綺麗だから仕方ないですよね・・・。

 

 

 池の水が、流れ出ている場所があります。

 

 

 東屋に到着です。

 

 

 可愛らしいとんがり屋根の東屋です。

 

 もう少しで、歩きはじめの所に着きますね。

 

 

 長くなったので、もう一回続きます。

Part 1 御鹿池に行ってきました

 新年を迎え、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 今年最初のブログは、昨年、撮りためていた写真から始まります。

 季節に追いつけず、申し訳ありませんが、お付き合いください。

 

 黒姫山麓にある御鹿池に行ってきました。

 四季折々、きれいな風景や花々を観ることが出来る、癒しのスポットです。

 

 

 今回は、紅葉の中を散策したくて、訪れてみました。

 

 駐車場に車を停めて、歩きだすとすぐに、「黒姫童話館」が見えてきます。

 

 

 入り口近くには、色々な木のオブジェがあり、かわいらしいです。

 

 

 黒姫山は、美しく紅葉しています。

 

 

 スキー場も見えます。

 

 

 天気が良いので、どこを観ても美しく、建物や案内標識までも、洒落た雰囲気です。

 

 

 赤く紅葉している木が、ひときわ、目を惹きます。

 


 早速、御鹿池に向かいます。

 

 入口にも、かわいらしい案内標識が置いてあります。

 

 

 入り口を入ると、背の高い木々が、紅葉し、癒しの森と言われるだけあります

 ね・・・。どこを見ても気持ちが良いです。

 

 

 枯れた葉たちも、陽の光を浴びて、きれいです。

 


 道の脇に水が流れていたり、上を見ればきれいな青空が広がっていたりして、あっち

 を見たり、こっちを見たりで忙しいです。

 

 

 御鹿池に向かうために、少し山の中に入っていきます。

 入口には、熊さんにお知らせのための鐘が設置してあります。

 

 もちろん、思い切り鳴らしましたよ・・・。きれいな音が、響き渡りました。

 

 

 緑の木々の中を、森林浴しながら、ゆっくりと進みます。

 

 

 途中、年配のご夫婦に、声をかけられました。

 「私、大発見したんですよ。あなたも探しているの?」と。何のことかわからず、

 きょとんとしていると、御鹿池から道をそれたところに、「アケボノシュスラン」

 を見つけたとのこと。親切に場所まで教えてくださいました。後で探してみようと

 思います。

 

 御鹿池に到着です。

 

 

 とてもきれいです。池の周りを歩いてみましょう。

 

 長くなったので、次回に続きます。

お花たちで今年を締めくくりましょう

 今日は、大晦日ですね。

 いつものことですが、今年も、ブログのアップが遅くなってしまい、まだ、季節に

 追いつけない状況です。

 

 来年も、多分、同じような状況になるのではないかと思っていますが、ご容赦いた

 だければ幸いです。

 

 今年最後のブログは、お花たちで締めくくりたいと思います。

 

 5月末に、アメリカから、従妹が、久しぶりに里帰りし、一緒に、見附のイングリ

 ッシュガーデンに行って来たので、その写真を上げたいと思います。

 

 

 天候にも恵まれ、草花が、美しかったです。

 

 

 色とりどりの花々を観ているだけで、とても楽しい気分になりました。

 

 

 地面に落ちた花も美しいです。

 

 

 従妹と楽しくお話ししながら(時々出るおかしな日本語に大笑いでした)、園内を

 回ることが出来ました。

 いつ来ても素敵な場所です。来年もまた来ようと思います。

 

 私事ですが、今年は、コロナ感染に振り回された年でした。

 仕事がら、感染対策は徹底していたのですが、職場で、コロナ感染があり、よもや

 アウトブレイクか?という状況になってしまいました。個室隔離やゾーニング

 予防具、消毒薬の準備などで、大わらわでした。数名の感染で押えることが出来

 ましたが、職員の抗原検査実施は日常茶飯事で、今後も、気を抜けない状況です。

 

 どうぞ皆様も、お身体に十分注意してくださいませ・・・。

 

 来年も、きれいな草花を見て、野菜を育てて、おいしいものを食べて、美しい風景

 や清々しい空気に触れ、心も身体もリフレッシュしながら、楽しく過ごせればと

 思っています。

 

 

 来年も、お付き合いの程、よろしくお願いいたします。